消防設備士について

甲種消防設備士ってありますね。乙種は誰でも受験できますが、甲種は受験資格が存在します。
一般には乙種に合格してから実務経験二年以上必要です。
他には学歴や電気工事士資格が必要ですね。
そんな資格経歴を持ってない人にとって最も早く簡単に受験資格をゲットする方法は、
アマチュア無線以外の無線の資格を取ることです。その中で最も優しいのが、
「第三級海上特殊無線技士」第3級海上特殊無線技士の資格です。
試験は法令20問、工学10問の合計30問で、トータル60点以上で合格です。
一問当たり3・3333点の計算ですが、細かいことは私は知りません。
試験内容は原付や普通免許のごとく、ほぼ常識問題なので、教本を何度か読めば得点できるでしょう。
ただし数字の部分はしっかり覚えてくださいね。5ワットとかね。
法令でほぼ満点を目指しましょう。工学が0点でも合格です。
工学は工学といっても工学っていうほどの工学じゃありません。
「アンテナを高くあげるとレーダーで遠くまで確認できるが、近くの船がレーダーに映りにくくなる。正か誤か。」こんな問題です。
法令も工学も正誤問題なので、二択です。正か誤かにまるをするだけなので、しっかり勉強すれば、取得はかのうだとおもいます。