設備の付帯工事

設備工事には『本体工事以外の工事費=付帯工事』というものがあり、けっこう高いどころの話じゃなくって、常識の金額のざっと2倍の見積り金額だったりします。

この手の業者さんも、やはり、契約までは総額を提示しようとはしませんので、本体以外に必要な付帯工事費もぜ~んぶひっくるめた『総額』を書面で提示して貰うようにしましょうね。このような姿勢の業者さんと一緒に「いい家を建てよう!」と思ったらの話ですが。これは、ひとつのパターンというよりも、考え方になるのですが、純粋に家の仕様や設備グレードが同程度で、それでも業者さんによって価格に差がある場合についてお話してみましょう。

住宅屋さんが違う訳ですから、当然のことながら使用する建材や設備などの採用メーカーが違ってきます。ですので、純粋に仕様や設備などはまったく同じものとして比較することはできませんが、おおよそ“同程度のグレード(仕様)の家”として比較することはできます。そんな場合でも、複数の業者さんで相見積りを取ってみると、ウン百万円の値段の違いが出ることがよくあるのです。
そんな時、この値段の差は、いったいナンなのだと、頭を悩ませることになりますね。

そ言う時に、ちゃんとした工務店を見極めるひつようであるとおもいます。