設備工事の職

むかしの設備工事にかかわる職について考えてみたいと思います。

【大工】

・宮大工=神社仏閣のような和風大型建築に携わる大工。大工の中でも別格扱いされていて、大工に携わる人たちの憧れの職。
・建築大工=一軒家の施工など一般的な木造建築を行う大工。いわゆる町の大工。
・型枠大工=建物をコンクリート施工する際に、打設したコンクリートを固めるための型枠を作成する専門の大工。
・造作大工=建物内部の仕上げの木工事を行う大工。型枠大工は躯体工事の大工なのに対して、造作大工は仕上げ工事の大工になります。

以上のようになりますが、例えば一軒屋などのリフォーム工事では、大工さんが自ら足場を組んだ後、元々本業の工事を行う場合もあります。解体屋さんなども専門の鳶職を使わずに自分のところの手だけで足場組みをする場合もありますね。【鳶職】

・足場鳶=単管パイプや足場板などの仮設材料を用いて仮設足場を組む鳶。高層ビルやマンション、また一軒屋の建築でも仮設の足場は必要とされるために、現場の大小に関わらずありとあらゆる建築現場での需要があります。現代の建築はこの足場鳶の存在なしには建てられないほど重要な職です。

・重量鳶=建物内部の重量物の設置を専門とする鳶。空調、衛生、電気などの設備工事などで大型の重量物設置の際に活躍します。こちらの鳶さんも基本的には足場は組みません。建物内部での作業が多いために、必ずしも高所での作業とは限りません。

ただ餅は餅屋という言葉があるように、足場組みなどは普段それを専門に行っている職人さんにはかないません。スピードも正確性も専門職の鳶さんのほうが上です。