電気工事設備を取り扱うには

電気系の大学・高専で電気工事士法が定める過程を終了後
実務経験3年以上 その他の人は 実務経験5年以上
でないと免状の申請はできないんです。つまり、受かっただけでそのままだと何も工事はできないわけなんです。ただ暫定的には認定電気工事従事者と言うものを講習で受ければ、【自家用電気工作物で最大電力500キロワット未満の需要設備における600ボルト以下で使用する設備の電気工事(簡易電気工事)】

一般用電気工作物の電気工事はできないんです。
簡単に言えば店舗や個人宅等の電気工事はムリとなります。ですから、どうせなら上位を一発で取ってやろうと思っている人は、実務経験の有無のチェックしておいた方がいいです。また、適当な実務経験を書いても一応電話等で会社にチェックが入るらしいですから、露骨に怪しまれれば申請は弾かれるらしいです。

一種を目指している方は基本的に、二種などをまず取り、実務経験を積みながら一種を目指すと言うプロセスがスタンダードになると思いますので、このノートをご覧なって、最初から上位だけを狙っていた方がおりましたら、一考された方がいいと書かさせて頂きました。気工事士一種の資格と言うのは言葉の通り、二種の上位に当たります。ですから扱える範囲が広がり、二種の部位もカバーできる上位資格となります

どんな事かと言えば、仮に二種取るなら最初から一種取ればいいんじゃないか?と言う人がいて、それが可能かと言えば可能なんです。
二種前提の一種ではないのと、試験自体に受験資格もありません。
ですから、二種の内容に+αした勉強で取得も可能なわけです。