「設備工事とは」

設備工事というのは私たちにとっては大切なものです。なぜかというと、私たちの家の冷暖房設備やガス管、給排水管などの物の設備を行っているからです。そうした大切な設備工事はいったいどのようなものなのでしょうか?

 

今回はその中の設備工事について紹介していきたいと思います。

皆さんのような人々の生活圏にはある様々な建築物があると思います。例えば、家やマンション、事務所、工場、学校、図書館、店舗などとさまざまなものがあると思います。これらの建物には、給水管や排水管、ガス管、衛生設備、冷暖房設備、換気設備、消火設備、排水処理施設、空気洗浄装置などが設置されています。これらの設備というのは先ほど挙げた建物などにはとても必要になってくる設備です。

設備工事というのは、これらの設備の設計及び、施工を行うことだと言われています。それだけでなく、建設工事という構造物を建設するための工事の一部としての工事のことだとも言われています。さきほど例に挙げた設備以外にも、電気工作物と言われている発電や変電、送電、配電または電気使用のために設置する機械や器具や、電気通信と言われている電気を利用した方法によって音声や文字、画像などを伝達するもの、信号施設や昇降設備と言われている建築物内における人や物などを運送する設備のことで、エレベータなどのことを言っていると思います。そして、それ以外の機械装置などの設備を講じという手段によって実用する作業のことも言われています。

設備工事は、日本の標準産業分類において言うと、建築業の中分類の一つになっていると言われているものです。

 

このように、設備工事というのは皆さんのまわりにあるものの設備を工事してくれているので、とても大切なものです。

もしも、自分の家などでも設備工事が行われる時があったなら、どれだけ大切な工事なのかということがわかるものだと思います。なので、設備工事というのはとても必要です。